WindowsでLinuxを動かしてみる

初めに

こんにちは。

今回はWindows環境でLinuxOSを使えるようにしてみようということで、Windowsに仮想環境を構築し、そこからUbuntuを起動してみたいと思います。

仮想環境構築

今回利用する仮想化ソフトウェアは VirtualBox + Vagrant です。

VirtualBoxはWindowsだけでなくMacやLinuxにも対応してます!

VirtualBox

まずはインストーラをダウンロードします。

Download VirtualBox (Old Builds): VirtualBox 5.1

ご自身のOSに合わせたインストーラをダウンロードしてください。

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行しデフォルトの設定でインストールを完了。

Vagrant

次に Vagrantをインストールします。

このツールは仮想化ソフトウェアの操作をめちゃくちゃ簡単にしてくれるそうです。

これもまずはインストーラをダウンロード。

Download Vagrant

インストーラを実行し、デフォルト設定でインストール完了。

これで仮想環境の準備はOKです。

Ubuntuの構築

それでは仮想環境上にUbuntuを構築していきましょ。

コマンドプロンプトを管理者として実行します。(必ず管理者として実行してください)

順に以下のコマンドを実行していきます。

  • 仮想環境をインストールするためのフォルダ作成

mkdir %USERPROFILE%\vagrant\ubuntu64 (最後のディレクトリは任意の名前でOKです)

  • 作成したフォルダに移動する

cd %USERPROFILE%\vagrant\ubuntu64

  • Ubuntuのインストール

仮想環境のベースとなるBoxをインストールします。

Boxファイルはイメージファイルのことです。
下記コマンドは’ubuntu\xenial64’のBoxを追加します。といったもの。


vagrant box add ubuntu\xenial64

このコマンドを実行するとインストールが開始されます。
PCのスペックにもよりいますが、およそ5~30分程度かかります。
(ほんとにスペックによりまちまちなのでふり幅が大きいです笑)

  • Vagrantfileの作成

構築する仮想マシンのスペックやプロビジョニングツールの指定など、構成を記述するVagrantfileを作成します。


vagrant init ubuntu\xenial64

  • Ubuntuの起動

vagrant up

仮想マシンの電源ボタンをコマンドで押しちゃうみたいなもんです。

Ubuntuを使ってみる

起動したUbuntuを実際に使うには、SSHクライアントが必要です。ここら辺からもうわけわかんなくなってくるポイントですね。

SSH(Secure Shell)とは、暗号と認証を利用して安全に外部のPCと通信するための手段。

今回はRloginを使います。

ダウンロードをこちらから → Download RLogin

RLoginをダウンロードしZipを解凍すると、アイコンが出てきますのでダブルクリック。
「Server Select」の画面から「新規」を選択し、以下の設定を入れていきます。

  • エントリーに vagrant
  • プロトコルを SSH にチェック
  • Server Addressに localhost
  • Socket Portに 2222
  • User Nameに ubuntu
  • SSH Identity Keyに %USERPROFILE%\vagrant\ubuntu64\.vagrant\machines\default\virtualbox\private_key
  • デフォルト文字セットに UTF-8

入れ終わったら「OK」を押します。

「Server Select」の画面に戻ると、追加した設定がリストに増えてますので、
ダブルクリックで起動。セキュリティの画面が出てきますので「続行」をクリック。

以下のような画面になれば、Ubuntuの起動完了です!

最初は全て英語表記になってると思います。(私のはすでに日本語した後のものです。)

日本語表記にしたい場合は以下のコマンドをUbuntu上で実行。


sudo locale-gen ja_JP.UTF-8

echo export LANG=ja_JP.UTF-8 >> ~/.profile

source ~/.profile

これで一度Ubuntuを再起動します。(RLoginを閉じて、再度立ち上げ直せばOK)

Ubuntu自体をシャットダウンするには、以下のコマンドをWindowsのコマンドプロンプトで実行すれば、終了できます。


vagrant halt

最後に

無事Windows上でLinuxを動かせました。

メインはWindowsを使いたいけど、開発にはLinuxを使いたいという方は、是非仮想環境でのLinuxOS構築を試してみてはいかがでしょうか。

ドラクエライバルズ面白い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする