[Go言語]WebフレームワークGin入門

どうも休日は昼間から呑んだくれなざわです。
今日はGo言語のWebフレームワークGinの入門記事です。

環境

$ go version
go version go1.9.2 darwin/amd64

Ginのインストール

Goのライブラリは go get コマンドでインストールできます。

$ go get github.com/gin-gonic/gin

実装

ディレクトリ構成

最終的な構成は以下になります

作業ディレクトリ
|--app.go
|--templates
|  |--index.tmpl

app.go

  • ポート:8080で待ち受けます
  • URLが /index の時 templates/index.tmpl を呼び出します。
package main

import (
  "github.com/gin-gonic/gin"
  "net/http"
)

func main() {
  router := gin.Default()
  router.LoadHTMLGlob("templates/*.tmpl")
  router.GET("/index", func(c *gin.Context) {
    c.HTML(http.StatusOK, "index.tmpl", gin.H{
      "message": "Hello World",
    })
  })
  router.Run(":8080")
}

templates/index.tmpl

app.go で定義した "message": "Hello World" を表示させます

<html>
  {{/* .変数名 で表示 */}}
  <h1>{{.message}}</h1>
</html>

実行

以下のコマンドで実行します

$ go run app.go

ブラウザから http://localhost:8080/index にアクセスしてみます

表示されました!

おわり

Goのフレームワークは他にもいくつかあったのですが、
僕はHUNTER×HUNTERっていう漫画が好きなのでGinにしました

サーバサイドエンジニア。オムライスが好物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする