IntelliJでJava9試してみた

はい、でたドン!Java9!(本日正式リリース)
といっても、皆さんそんなに盛り上がってないカンジなのでしょうか。

私も圧倒的に体調悪い中、この記事を書いてます。

やること

  • IntelliJでJava9使ってみるところまで

環境

今回は職場の検証用PC借りてるので、Win7/64bitになります。

JDK9ダウンロード

上記ページからJava SE 9JDKと進んでjdk-9_windows-x64_bin.exeをダウンロードします。

あとはインストーラに従ってインストールします。

確認

インストールが完了したら、バージョンを確認してみます。

C:\>java --version
java 9
Java(TM) SE Runtime Environment (build 9+181)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 9+181, mixed mode)

yes!

IntelliJの設定

IntelliJを立ち上げて File → Project Structure を開きます。
今回は事前にdemo-java9というプロジェクトを作っています。

既存のプロジェクトなので、1.8になっていますね。

Project SDK → Newからjdk9をインストールした場所を選択します。
自分の場合は C:\Program Files\Java\jdk-9 でした。

するとリストから「9」が選択できるようになったので、選択してOKします。

試してみる

ということで早速Java9から追加されたStreamの takeWhile を使ってみました。

今回試したコード

package main.java;

import java.util.Arrays;
import java.util.List;

public class sample {
    public static void main(String... args){
        List<Integer> list = Arrays.asList(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10);
        list.stream().takeWhile( i -> i < 6 ).forEach(System.out::println); // 1,2,3,4,5までが出力される想定
    }
}

実行してみます。

使えてますね!

Java9の新機能とサンプルについては、こちらの記事を参考にさせてもらいました。
http://qiita.com/mrdShinse/items/76d5f7dfe925640b3766

IntelliJでは今後リリース予定の機能についても、紹介されていますね。
https://blog.jetbrains.com/idea/2017/09/java-9-and-intellij-idea/

おまけ(JShell)

そのまま使うと

C:\>jshell
'jshell' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

ガーン!!使えないです。
少し面倒ではありますが、環境変数にパスを追加します。

環境変数名
JAVA_HOMEC:\Program Files\Java\jdk-9
Path(省略);%JAVA_HOME%/bin

設定後、リトライ

C:\>jshell
|  JShellへようこそ -- バージョン9
|  概要については、次を入力してください: /help intro

jshell> String hello = "Hello World"
hello ==> "Hello World"

jshell> System.out.println(hello + "!")
Hello World!

REPL!!

さいごに

Java8出たのがついこの間のように感じていたのに、
時の流れはあっという間ですね…。

サーバサイドエンジニア。オムライスが好物

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする